Kicks キックス
トップページ > Kicks キックス
kicksとは? 楽しく学べるレゴ+プログラミング教室
01 ロボットの動く仕組みを学習することで理数系に強くなります
02 オリジナルワークシートを使った体験型学習で算数・理科の成績が向上します
03 ロボット製作により集中力が身につきます。
04 プログラミング習得により論理的な思考力が身につきます。
05 皆の前で行う発表会でプレゼンテーション能力が向上します。
06 作品を作る際の試行錯誤で応用力や計画性が身につきます。
Kicksの作品例

STEM 教育推進と
2020年プログラミング
必修化

論理的思考力。それは物事について道筋を立てて考える力のことです。あらゆる分野の仕事で必要なこの力を養うため、2020 年から小学校でプログラミングが必修化となります。
また、Kicks では「Science( 科学 )」、「Technology( 技術 )」、
「Engineering( 工学 )」、「Mathematics( 数学 )」を柱とした STEM 教育を推進。問題解決能力や論理的思考力を養うことで、世界で活躍する人材を生み出すことを目的としています。
さらにハンズオンによってロボットを自らの手で作り、
プログラミングして動かすことで実体験を伴った生きた
知識を学ぶことができます。

東大生の7割が触れてきた
実績のあるレゴを使用

集中力、目的達成力、創造力、空間認識能力・イメージ力、柔軟な思考力、論理的思考力。これらはレゴジャパンが実施した東大出身者へのアンケートにて回答があった、レゴで遊ぶことによって身に付いたと感じたチカラです。
その中でも 3 人に 1 人は「集中力」が東大に入るために一番必要な能力であると回答しており、レゴは東大入学に必要な集中力を養ってくれると考えられます。
加えて、2021 年からの大学共通テストではイメージや創造力が
問われていくといわれています。
Kicks でのレゴを用いた学習は適していると
考えられます。

Kicksで身に付くチカラ
学べること

Kicks ではプログラミングだけでなく、作品を作る際の試行錯誤によって「創造力」「問題解決能力」「空間認識能力」「応用力」「計画性」も身に付きます。
また、様々な学習テーマの中には各種ギアや滑車の仕組み、センサーを活用したロボットの制御、てこの原理、地球科学、宇宙科学などがあり、理数系の知識もしっかりと身に付きます。
さらに学習成果を発表する場もご用意。
保護者向け発表会だけでなく、世界大会を目指しながら
プレゼンテーション力を磨いていくことができます。

レッスンの流れ
1、導入

元気にあいさつをして、今日のテーマについて先生からお話しです。先生の質問に対してどんどん手を挙げて発言をしてくれます。
ここでロボットを動かすのに必要な仕組みも学習します。

2、ロボット製作

組立書を見ながら一つずつ確実に組み立てていきます。
パーツを差し込む穴が一つズレるだけで上手く動かないこともあります。
集中力が最も発揮される場面です。

3、プログラミング

ロボットが完成したらプログラミングして動かします。パワーを変えたり、モーターの回転の向きを変えてみたり、ロボットの動きを想像しながら一つ一つプログラムブロックを組み上げていきます。
順序立てて考える論理的思考力が最も養われます。

4、実験・改良

滑車のゴムの位置を変えるとどうなるんだろう?
工学的な仕組みを確認して実験を行います。
必要であれば改良を施し、さらに上手く動くようにします。
創造力が発揮され、個性的なロボットが生み出されます。

5、振り返り・プチ発表会

実験結果をワークシートへまとめます。
上手くいった場合と、いかなかった場合を比べ、ロボットに適した組み合わせはどれかを確認します。テーマによっては、
改良したロボットや実験結果を発表します。
終わりのあいさつ、次回のテーマの確認をして授業終了です。

Kicksの使用教材
ベーシック (4~6歳)
教材のたのしい基本ブロックセット
教材のたのしい基本ブロックセット

ベーシックコースではお子様の発想を大切にし、創造力を発揮して作品を作成していきます。
Kicks の授業で学習する物の構造の仕組み、規則性、数の数え方など様々な学習に使用できます。
授業で必要なものを実際に制作、体験しながら学習の効果を高めることができます。

スタンダード(7歳)/アドバンス(8歳)
教材のWeDo2.0ロボットキット&ソフトウェア
教材のWeDo2.0ロボットキット&ソフトウェア

マサチューセッツ工科大学と LEGO 社で共同開発されたキットを使用します。モーターやセンサーを駆使して、自分が作った作品が動くということを体験し、創造力や空間認識能力を高めます。また、プログラミングソフトはWeDo2.0 専用。難しいコードを入力するのではなく、直感的にパズル感覚でプログラミングができるので、初めてのプログラミングでも楽しく学習を進めることができます。

各コース
Kicksオリジナルワークシート
Kicksオリジナルワークシート

Kicks では、身近にあるものをテーマにして学習を進めます。扇風機、自動車、自動ドアなど機械はもちろん。動物の生態、リサイクル、地震の仕組みや災害救助活動、宇宙や地球など子供たちが夢中になれるテーマを豊富にご用意。自動ドアが動くのはどんな仕組み?地震に耐えられる建物ってどんな形がいいの?
日常に潜む様々な「なんだろう?」をプログラミングを通して学習していきます。自然とロボットが動く工学的な仕組みや、算数、理科、社会的分野についての知識が身に付き、理数系に強くなります。

ベーシックコース・スタンダードコース・アドバンスコース ベーシックコース・スタンダードコース・アドバンスコース

ベーシックコース

[科学の知識]

ブロック等を実際に触りながら、大きさ/長さ/重さ/数などについて体感します。橋の構造・丈夫なものの仕組み・バランス・時計・パターン・季節の行事・日々の生活の中にあるもの等についての学習を行い、その後のスタンダードコースへと繋がる基礎となる能力が身に付きます。

[想像力・創造力] [論理的な考え方]

要点を抑えたワークシートや紙芝居を見聞きした後、テーマに沿ったモデル製作を行い試行錯誤を楽しめるようになります。二次元と三次元の違いを理解し、空間認識能力を高めます。 また、バランスや壊れにくい構造について考えながら製作するため、計画的に進める力が育ちます。


[コミュニケーション力]

グループワークを通して、新しい事にチャレンジし、新しい自分に出会う事ができます。
他者とのコミュニケーションで好きな事や楽しかった事を話し、 伝える喜びを知ります。

ベーシックコース作品例1

家を作るのが好き!
壊れないようにレンガ積みに
して作ったんだよ!

子供が大好きなレゴで、集中して楽しそうに学べている姿が見れて良かったです。いつも写真を撮らせてもらってます。

ベーシックコース作品例2

            冬にクリスマスリースを作ったよ!対称な形の勉強をして、折り紙で飾りも
作ったんだ~!

数や時計の勉強など内容もしっかりしているし、サポートもしっかり…いつもありがとうございます。

ベーシックコース作品例3

橋について勉強して、
糸を使ってつり橋を作って、お母さんに写真撮ってもらった!

クラスの子に自分の作品を笑顔で発表している姿も見れたし、これからの学びのきっかけ作りにも適していると感じました。

スタンダードコース

[科学の知識]

長さ/重さ/時間の単位について学びます。また、図形等を含む算数の知識、動物の生態などの理科の知識、日本及び世界についての社会の知識、ギア・カム・滑車など、動かす仕組みの考え方と使い方を学びます。

[想像力・創造力] [論理的な考え方]

重さの場合、天秤を製作し、重さを量る/比べる実験を行い、原理・原則について実体験を通して理解します。設計図や組立書の二次元データを用いて、三次元で正確にモデルを作るための手順について学びます。 また、パソコンの基本操作と、理解しやすいビジュアルアイコンを用いてプログラミングの基本的な考え方やセンサーの使い方を学びます。論理的思考力=順序だてて考える力が身につきます。



[コミュニケーション力]

自分自身のモデルについての工夫や感想をまとめ、伝えます。相手の立場に立ち、相手のモデルの良さ/改良点を見つけ、伝えられるようになっていきます。

スタンダードコース発表会

全40回のカリキュラム中に発表会の授業を1回設けており、スタンダードコースでは『親子でPK対決』を実施します。
同じクラス内の受講生が協力し合い、担当分けしたサッカーロボット及びサッカースタジアムを組み立て、クラス内の話し合いによって作られる作品、改良したプログラム、練習も行ったロボットで発表会に臨みます。
発表会当日は、自分が担当した作品等について皆の前で発表し、受講生VS保護者様のPK対決を行います。

受講生同士で協力して行う活動によって協調性、皆の前で発表することによるプレゼンテーション能力を養います。
他人に自分の考えを伝える力、社会に出て必須となるプレゼンテーション能力を身につけるのです。
スタンダードコース作品例1

釣竿を作って魚釣りを
したよ!大漁~マグロが釣れたの!大きな魚が釣れるようにギアを
変えたんだ!

子供が分かりやすいプログラムで、パソコン操作も覚えられて良いですね。子供が「ダブルクリック」など言っているのに驚きました。

スタンダードコース作品例2

            サッカー対決ではお父さんに勝った!1回は負けたけど、サッカースタジアムにお店やトイレも作ったんだよ!

サポート体制やカリキュラム内容も子供に適した十分なものでした。
満足です。

スタンダードコース作品例3

センサーを振ると動く
キッカーを作った!シュートした数も数えるようにした

初めて自分で作った作品をプログラミングで動かした事って忘れる事ないんだろうな~と思いました。家でも学校の事よりKicksの話が多いです(笑)

アドバンスコース

[科学の知識]

いろいろな実験を通し、数値化し、記録することで、物事を比較する力を身につけます。 てこの原理やつりあいの関係・図形の性質・位置エネルギー・生物の生態や分類・宇宙や天体など多岐に渡るテーマについて学びながら、ギアや滑車などを含めた動かす仕組みの理解を深めます。

[想像力・創造力] [論理的な考え方]

コマとギアのしくみを通して、対称形や比率が及ぼす効果、力・向き・速さについての因果関係を考えます。 製作したモデルをより良くするための工夫や想像した物を創造出来る素地・応用力を養います。 また、プログラミングやセンサーに対する理解を深め、思考を実現していきます。制限時間内に問題点を整理し、解決のための作戦を考えることで、判断力・論理的思考力・問題解決能力が育ちます。



[コミュニケーション力]

自己と他者、グループへの理解を深めます。お互いのモデルを見比べ話し合う中で、前向きに伝え、受け止める事が出来る/話し合いやすい雰囲気を作る事の大事さを学びます。

アドバンスコース発表会

全40回のカリキュラム中に発表会の授業を1回設けており、アドバンスコースでは『脱出ゲーム』を実施します。
同じクラス内の受講生が協力し合い、担当分けした動物及びチケットマシンを組み立てプログラミングも行います。また、自分が製作した作品及びプログラムについてポスターを一人一人が作成し、発表会に臨みます。
発表会当日は、制作したポスターを見ていただきながら自分が担当した作品等について皆の前で発表し、動物たちをプログラミングで動かして 親子で動物クイズ・計算問題・暗号を解き進めながら脱出ゲームを行います。
受講生同士で協力して行う活動によって協調性、皆の前で発表することによるプレゼンテーション能力を養います。
他人に自分の考えを伝える力、社会に出て必須となるプレゼンテーション能力を身につけるのです。

保護者様方はお子様方の成長をしっかりご覧いただき、発表会に向けてリハーサルを重ね頑張ったお子様にお声かけをお願い致します。
アドバンスコース作品例1

ワニは爬虫類ってグループなんだよ!
ガビアル科について初めて知った!

レゴを組立てたりパソコンを
操作したり、作業も多いので、
本人も時間があっという間に過ぎる!
まだ帰りたくない!と言っています。

アドバンスコース作品例2

            ベベルギアが好き!名前も面白いし、向きを変えるんだよ!ベベルって斜めって意味があるんだって~!

発表会という場があるのは嬉しい
ですね。子供がイキイキと自分の作品を発表している姿に感動しました。

アドバンスコース作品例2

ヘリコプターロボットを
作ってみたい!プログラミングもまだしたーい!来年のロボットも楽しみ!

ロボット検定の合格証は額に入れて飾っています。バッチは本人がスクールバックにつけて、笑顔で見せてくれました。いい経験になったようです。

Kicksコース進行表

Kicksからステップアップ! crefusはこちらから

1年間のカリキュラムが修了した後、次のコースへのステップアップが可能です。基礎から応用までしっかりサポート!
アドバンスコースが修了した方は、高度な理数系の知識が学べるcrefusコースへの進級をご案内しております。

本コースの詳細
クラス ベーシック スタン
ダード
アド
バンス
対象
年齢
4~6歳 7歳 8歳
曜日・
時間
各教室により異なります。
詳しくはこちらから!
定員 1クラス6名
受講
回数
4月から始まる1年間の
カリキュラムを組んでおり、
年40回の授業です。
使用
キット
レゴ®楽しい基本
ブロックセット
レゴ®
WeDo 2.0
費用

入会金:0
受講費:9,000円/月
システム教材費:
1,000円/月
維持費:1,000円/月
キット代:別途必要
※表示価格は、
全て税抜き価格
です。

入会金:15,000
受講費:9,000円/月
システム教材費:
1,000円/月
維持費:1,000円/月
キット代:別途必要
※表示価格は、
全て税抜き価格です。

本コースの詳細

クラスベーシック
対象
年齢
4~6歳
曜日・
時間
各教室により異なります。
詳しくはこちらから!
定員 1クラス6名
受講
回数
4月から始まる1年間の
カリキュラムを組んでおり、
年40回の授業です。
使用
キット
レゴ®楽しい基本
ブロックセット
費用

入会金:0
受講費:9,000円/月
システム教材費:
1,000円/月
維持費:1,000円/月
キット代:別途必要
※表示価格は、
全て税抜き価格です。


スタンダード
対象
年齢
7歳
曜日・
時間
各教室により異なります。
詳しくはこちらから!
定員 1クラス6名
受講
回数
4月から始まる1年間の
カリキュラムを組んでおり、
年40回の授業です。
使用
キット
レゴ®
WeDo 2.0
費用 入会金:15,000
受講費:9,000円/月
システム教材費:
1,000円/月
維持費:1,000円/月
キット代:別途必要
※表示価格は、
全て税抜き価格です。

アドバンス
対象
年齢
8歳
曜日・
時間
各教室により異なります。
詳しくはこちらから!
定員 1クラス6名
受講
回数
4月から始まる1年間の
カリキュラムを組んでおり、
年40回の授業です。
使用
キット
レゴ®
WeDo 2.0
費用 入会金:15,000
受講費:9,000円/月
システム教材費:
1,000円/月
維持費:1,000円/月
キット代:別途必要
※表示価格は、
全て税抜き価格です。
Kicks学習のポイント

さまざまな種類のギアや滑車を用いたモデルを作成し、実験を行いながら回転方向・力の強さ・速さについて学習します。また、クランク機構・カム・ピストン運動についても学び、理工学系に進まなければ自分で組み合わせて使うことのないようなギア等を用いながら、中学入試でも頻出の滑車・てこ・ギアなどの仕組みを実際に手を触れて理解する事が可能です。

スマートハブを用いたBluetooth LEで接続し、プログラムを受信・実行します。 モーターは、自分の作ったプログラムでモデルを動かす際に必要となります。任意による制御で、電気の回転方向も学べます。

モーションセンサー:「動き」に反応するセンサーで、範囲内にある物体との距離を3パターンの変化で検出する事が
可能です。自動ドア・自動改札機・ATM・ゲーム機・自動蛇口などに使われています。 チルトセンサー:「傾き」に反応するセンサーで、6パターンの傾斜を検出する事が可能です。建機・スマートフォン・カメラ・ゲーム機などに使われています。

Kicksでは、自分の手で作り学ぶハンズオン教育を取り入れ、自分の頭で考え、創造していくので理解度が違います。
また、設計図・組立書通りに作って終わりではなく、改良を行ったり他の受講生に刺激を受けながら、どうすればさらに良い作品ができるのかを試行錯誤し考えぬくことにより、想像力・創造力・表現力・応用力・問題解決能力も身に付きます。

さらに、プログラミングによる「論理的思考力=物事を順序立てて考える力」、生物・化学・物理・算数・社会などの単元を含む学習を行なうことで、理数系の知識も得られるのです。
ロボット検定
ロボット検定

ロボット検定 for WeDo2.0 概要

ロボット検定 for WeDo 2.0 は小学校低学年以上を対象にした試験です。
レゴ® WeDo2.0 を使ってプログラミングやロボットを始めた子どもたちの学習成果を認定します。 試験内容はレゴ® WeDo2.0 を使用したプログラミングとロボットに関する内容が出題されます。
問題は筆記試験と実技試験とで構成され、「メカの仕組み」や「プログラミングに関する知識」を確認する筆記問題と「モデルの製作」や「プログラミングの作成」といった実技が出題されます。
これは「ロボ検」は知識だけでなく、実践力や応用力の育成を目指すことを理念としていることによります。
級は3級から1級までの3つのグレードに分かれていますので、学習の到達度に合わせて計画的に挑戦することができます。この検定がプログラミングやロボットに興味を持って学んでいる子供たちの到達目標になり、さらに学習意欲を高める材料となることを目指しています。日ごろの「できた!」を「合格」に変えて「自信」と「達成感」をつかんでください。

次回受験日

今年度の受付は終了しました。

合格者へ

ロボット検定合格証書

100点満点の70点以上で合格となります。
合格者へは合格証明書と認定バッジを進呈いたします。

合格者の声

・ 難しそうだったけど、やってみたら簡単にできた!
・ 授業で先生が話していたことを覚えていたから大丈夫だった。
・ プログラミングのところが難しかったけど、頑張って考えたらわかった。
・ 作るのがいつも少し難しかったけど、ちゃんとパーツを集めてるとできた。
・ 賞状をもらえてとってもうれしい!
・ もっともっと頑張って、たくさん賞状とバッジをもらいたい。
・ もっと勉強を頑張って100点満点をとれるようにする!
・ プログラミングが使われているのがどれなのか選ぶのが難しかった。
・ 初めてのテストだったから賞状をもらえて嬉しい。

FLL Jr

FLLの加盟国41か国、参加者は68,000名の非常に大きな団体です

FLL jrでは STEM教育を学び、チームワーク、トライ&エラー、お互いを尊重し助け合う、そして楽しむ、というここでしかできない経験を得ることが出来ます。 毎年 興味深いテーマが選ばれ、チームメンバーはお互いを尊敬し、話し合いながらチーム一丸となって楽しみ、お互いのアイデアを紹介し合います。 FLL Jr.に勝敗はなく、全てのチームへ活動に対する賞が贈られます。

STEMとはscience(科学)、technology(技術)、engineering(工学)、mathmatics(数学)の教育分野を総称する言葉です。


FLL Jr.って何をするの?

FLLの学習・体験内容
チャレンジ詳細発表 8月頃、その年のテーマ発表が行われるよ!
チーム編成・参加申込

8月~10月頃までにチームを作って参加申し込み!

FLL Jr.モデルキット発送 FLLJr.インスパイア・セットが届くよ!
チーム活動開始

テーマについて調査し、ポスター制作・モデル作成・プレゼンテーションの練習開始!

地方予選参加

まずは12月、FLL Jr. EXPO地域大会に参加!
地方予選での上位チームは日本大会への出場権を獲得!!

日本大会出場

2月 FLL Jr. EXPO全国大会に出場!
日本大会での上位チームは世界大会への出場権を獲得!!

世界大会出場

さらに、各地で行われる世界大会へ!!
通常のエキスポに加えて、他国のチームと共同で制作をしたり、世界の仲間達と交流するアクテビティーがあるよ!

大会開催予定

2018-2019年のシーズンテーマは「Mission Moon(月の生活)

私たちにとってもっともみじかな天体、「月」が今シーズンのテーマです。
これからみなさんのチームは宇宙へ出発し、月で生活をすることになりました!
月でくらすにはどうしたらいいのでしょう。しょくりょうは?水は?どうやってこきゅうするのかな?
さあ、チームで月について調べましょう。そして月へ飛び立つじゅんびをはじめましょう。

月について学び、特に人間が生活をする上で必要な「水」「エネルギー」「空気」を月でどのように確保し利用するかを調べましょう。学習後チームで話し合い、月で生活をする上で生じる問題点をチームのテーマとして一つ選び、その解決策を考えます

九州大会 2018年12月16日 (日) 福岡 KTCおおぞら高等学院福岡キャンパス
日本大会 2019年2 月11日(月・祝) 東京工業大学大岡山キャンパス
日本大会出場チームの中から2019年4月に開催される世界大会に出場するチームが選出されます。

大会実績

昨年 2017-2018年の大会にて、大分のKicksパークプレイス校「シャークウォーター」チームが地方大会・日本大会を勝ち上がり、名古屋で行われる、International Japan Expo Open 世界大会の出場権を手にしました!
7月15日・16日に名古屋のレゴランドで開催された世界大会では、『Research &Discovery賞』をみごと受賞しました!!

「Aqua Adventure(水のぼうけん)」のテーマについて活動を進める中で信頼関係や協調性が身につき、最後はチーム一丸となって大会に臨めるまでになりました。ブース審査では審査員に自分のチームブースを一生懸命に説明されておりました。その中で他のチームの方とも交流を図ることができ、全てのチームが全力を尽くし、素晴らしい大会になりました♪
世界大会の様子の動画
株式会社DIC学園 ファーストレゴリーグジュニア世界大会in名古屋

7月15日・16日に行われたファーストレゴリーグジュニア世界大会in名古屋に株式会社DIC学園Kicks×crefusの受講生が出場しました。 大会の様子やプレゼンテーションの様子の動画が完成しました! みなさん是非ご覧下さい♪

Kicks_DIC学園さんの投稿 2018年8月4日土曜日
練習・発表風景の画像
FLL Jr.の発表の風景

過去の大会内容

「Aqua Adventure(水のぼうけん)」

わたしたちの生活にかかせない水。そんな水に焦点を当て、「水」はどこから来るんだろう?どのようにして自分の家まで来るのかな?使ったあとの水はどうなるの? そんな水の旅(ジャーニー)について学び、より良い水の使い方と処理の方法を考えます。

Animal allies(いきもののせかい)」

人間と動物とがお互いに満足し共存する関係”Allies”を築くにはどうしたら良いのだろう?チームは1つの動物に焦点を当て、その動物が抱える問題点を探り、その解決策を発表を行います。

FLL Jr. についての詳細は下記ホームページをご覧ください。

このページの先頭へ